Just another WordPress site

イラストを利用

パンフレット制作でイラストを利用するメリットとは

パンフレット制作を行う時は商品の魅力などを文章にして記載をする事になりますが、パンフレットを見る人は文章がぎっしりと詰まったページを見ると読むのが面倒に感じてしまったり、パンフレット制作を行う上で魅力がぼやけてしまうと言うケースも出て来ます。
魅力を伝える事がパンフレットには必要ですし、商品の魅力や価値を伝える事が出来るパンフレット制作を行うことで売れるパンフレットになります。
しかし、文章を少なくすることで魅力を伝えやすくなると同時に、説明が不十分になってしまう事もあります。

また、文章だけでは上手に魅力を伝えに難いと言うケースも出て来ます。
商品の説明を行う場合、実際の商品の写真をパンフレットに掲載を行い、色や形、機能、操作性などについて説明を行う方法でパンフレット制作を行うことが在りますが、写真では逆に説明が難しいケースも有ります。

写真は一方向から撮影をしているものであり、中の状態がどのようになっているのかは分解をして写真を掲載して行かなければなりません。
全ての写真を掲載するとなれば、ページ数も多く必要になりますし、パンフレット制作ではなくマニュアルなどの手順書のような印刷物になってしまう事も在ります。このような時に便利なのがイラストです。

イラストは、写真とは違って内部の様子などを含めて表現を行うことが出来ますし、文章を補足すると言うことでイラストを併用すれば、文章では上手に説明が出来ない時にも利用することが出来ます。

イラストと言っても、設計図のようなタイプも在れば、漫画のようなタイプも在ります。
技術書などの場合は設計図のようなイラストを利用するケースが多く有りますが、パンフレットなど魅力を伝えたい時などはあまり形式に拘らずに、漫画チックな図を入れてあげることでパンフレットを見る人からの好感を得られるなどのメリットも在りますし、漫画チックな図がパンフレットに使われている事で読みやすさなどを与えられると言う魅力も出て来ます。

また、イラストを併用する事で文章の代わりに図を使って説明を行えるため、魅力を伝え易くする事が出来るメリットや、商品価値や魅力を絞り込めると言うメリットにも繋がります。
文章だけですと、説明が長くなってしまい、焦点がぼやけることが多くなりますが、写真やイラストを使ってパンフレット制作を行うことで焦点を的確にパンフレットを見る人に対して伝える事が出来るメリットが出て来ます。