Just another WordPress site

コンセプトを明確に

コンセプトを明確にしてパンフレット制作を行う利点とは

高い費用をかけてパンフレット制作を行っても、顧客獲得に結びつかないものであればパンフレット制作を行う意味が無くなります。
まず、パンフレット制作を行う目的は何処に在るのかを考えた場合、それが商品を紹介するパンフレットで有れば商品の魅力や利用する上でのメリットが的確に明記されているのか、表現が解り易くなっているのか、何を言いたいのかと言った主旨が明確になっているのか、単なる説明になっていないか、誰に言いたいのかが明確になっているのかと言った事を決めることが大切です。

また、パンフレット制作を行う時には、誰に向けたパンフレットなのかと言った、顧客ターゲットを明確にする事も大切です。
顧客ターゲットが求めるものを明確化する事でパンフレットの方向性、コンセプトと言うものが浮かび上がり、方向性やコンセプトに従い、訴求ポイントの把握を行う、表紙などについてデザインを凝らし、一目で引き付ける工夫を行う、パンフレット全体の設計図を描き上げると言った3つの要素を踏まえてパンフレット制作を行うことが大切です。

コンセプトと言うのは概念や構想と言った意味を持つ言葉になりますが、コンセプトを明確にする事でパンフレットをどのようにして作り込みを行えば良いのかが見えて来ます。
また、訴求ポイントと言うのは、パンフレットを見る人に最初に伝えたいメッセージであり、ページのテーマ、キャッチコピーなどになります。

パンフレットを見た時、表紙を見てパンフレットに書かれている内容について興味を抱き、ページを開いて中を見てみたいと思う、これが訴求ポイントの一つでもあり、表紙に工夫を凝らす事の意味にも繋がります。
文章を初め、色や画像、ページのレイアウトなどを顧客観点から工夫を行い、パンフレットの基調明度を初め、色やイメージ、文字書体などを工夫し、最初にラフ案を作り上げて全体を見直して行きます。

この時、何を言いたいのかが明確になっていることで、パンフレットを見る人が興味を示し、ページを開いて中を読んでくれることになります。
尚、パンフレットは文章を中心とした印刷物ではありますが、説明が難しい場合など無理をして文章だけで説明を行うのではなく、印刷物と言うメリットを活かし、図やイラスト、写真と言ったものを利用し、見る人に優しく且つ、解り易い内容に作り上げることで何を言いたいのかをパンフレットを見る人に伝える事が出来るパンフレット制作が可能になります。