Just another WordPress site

ターゲットの明確化

パンフレット制作に必要なターゲットの明確化

パンフレット制作にどれだけ高額な予算をかけても、どれだけ時間をかけても顧客獲得につながらなかったら意味はありません。

情報量が多すぎる場合には伝えたい内容をある程度しぼった上で優先順位をつけて、重要な情報とそれほど必要ではない情報に差をつけてパンフレット制作する必要があります。

見出しを付けたり目次をつけたりして見づらいパンフレットをできるだけ見やすくわかりやすく作ることもパンフレット制作のポイントです。

更に必要なこととしてターゲットの絞込みというのがあります。ターゲットがしぼりこまれていなければ重要さの順列は付けづらいです。年配者と若者では見やすいパンフレット制作のポイントも違ってくるでしょう。小さな子供相手のものであれば見やすさだけでなく楽しめるわくわくするパンフレット制作が重要でしょう。誰にとんな点がアピールしたいのか、ターゲットをできるだけしぼりこんで作るようにしましょう。

興味が持てわくわくするパンフレットであれば小さな子供だけでなく大人も手にしてみたい、開いてみたいと思うものです。良いパンフレットかどうかは読み手が興味を持てるかどうか、興味がわきあがるかどうかが重要になってくるのです。

文章だけでなく色や画像・レイアウトなどさまざまな観点から訴えかけるようなものを作らなければなりません。具体的には、基調明度や色・文字フォントなどの工夫が必要となります。ターゲットを絞ったらその人々にどうすれば訴えかけることができるのか、見る人の立場に立ちながら原案を考えていくことにしましょう。

パンフレット制作と一口に言っても決めなければならないことはさまざまあります。
紙の質によっても受ける印象は違いますし、形状やサイズ・型抜きやポケット加工などのさまざまな加工方法があります。紙の質を良くしたり形状を特殊にすればインパクトは高くなりますが、その分お値段も上がります。企画から印刷までのおおよその予算も決めた上で、その予算内での最高のものを作る必要があります。

発行するタイミングや部数、配布の方法によっても読み手の印象は違ってきます。

ある程度、パソコンや印刷機器の発達によってパンフレット制作も業者に依頼しなくてもできなくはないです。ただ、会社での印刷となると使える用紙も限られてきます。プロのような技術力も制作力もないためどうしても素人臭い作品となることは否めません。
やはり業者にお願いした方がよい作品はできるでしょう。